国際看護師になるには? | 人気サイトランキング

国際看護師TOP >> 国別の求人をチェック >> ドイツの国際看護師の求人

ドイツの国際看護師の求人

もっと自分の看護師としての能力を試してみたいと思うのであれば、国際看護師はいかがでしょうか。自分が希望する国で看護師として働くことで、海外での医療サービスについて学ぶことができますし、また新たな場所で看護師として働くことで、自分の常識を一度覆すことになるでしょうから、人生の大きな糧となります。国際看護師として働く先として、看護師の地位が高いアメリカや、残業がなくて治安も良いカナダ、医療福祉先進国として名高いオーストラリアなどがとても人気があります。その中でもドイツは保健制度が充実していて、先進医療にも強い国として大変人気があります。

ドイツで看護師として働くにはビザが必要ですが、非EUである日本人にとってビザの習得は難しいと言わざるを得ません。ドイツ人の配偶者ができれば問題ないですが、そうでなければ、3年くらい滞在してその間にコネクションを作ってビザを取得していくしかないでしょう。世界的に看護師は不足している傾向にありますが、ドイツの場合はポーランドやルーマニアなどから沢山看護師が流れてきているので、ドイツでは看護師の資格があっても就業先を見つけにくいです。日本での看護師としての実績があれば、ドイツの看護師の国家試験を受ける時に短縮版を受けることができるというメリットがあるようです。ただし、これも2回までしか受験できませんのでご注意ください。

州によって看護師の応募条件は変わってくるのですが、ドイツの看護学校に最低1年通う事が必須となっている場合が多いです。前述したように看護師になるのも倍率が高いですから看護学校に入ることもかなりの狭き門であることは覚悟しておいた方が良いです。自分は日本でこれだけの実績があるとか、こういうことが得意だというような自分をアピールするすべがないと看護学校に入学することも難しいかもしれません。日本人には不得手な人が多いので、自分のアピールの仕方も勉強しておくようにしましょう。州によっては外国人専用のAnerkennung用の看護学校があり、一年半通うと国家試験を受けて認可してもらえる場合もあります。いずれにせよ看護師の認定やビザの取得情報は流動的ですから、随時自分でチェックしておく必要があります。

アメリカやカナダ、オーストラリアなどの国に比べるとドイツで国際看護師として働くのはかなり難しいと思われるかもしれません。しかし日系企業が多く駐在していますから、多くの日本人が在住しています。そのため日系のクリニックも多いですから国際看護師として働くチャンスはあります。ドイツで働きたいと決めたのであれば、諦めずに目標にまい進してください。

国際看護師の求人を保有!人気の看護師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビエージェント 詳細






Copyright (C) 2013-2018 国際看護師になるには? | 人気サイトランキング All Rights Reserved.