国際看護師になるには? | 人気サイトランキング

国際看護師TOP >> 基礎知識を学ぼう >> 国際看護師の求人倍率

国際看護師の求人倍率

看護師としてさらにキャリアアップしたいと考える人の次の目標として、認定看護師や専門看護師の資格取得がありますが、最近では国際看護師になって海外で働くという選択肢を取る人が増えてきています。国際看護師になるには海外でボランティアとして働く方法と、永住希望の国で看護の勉強をし(場合によっては現地での看護師資格を取得し)、現地の病院に就職する方法です。海外のボランティアとして働く場合、「青年海外協力隊」や「国境なき医師団」、「ジャパンハート」などの団体が一般的ですが、これらの求人倍率はそれほど高くありません。青年海外協力隊での看護師の倍率は約2倍と二人に一人が合格となっています。

しかし応募の際は実務経験が3年以上必要ですし、現地のスタッフとコミュニケーションをとるために高い語学力も必要で、こちらに応募してこられる方は高い意思を持ち、実務経験と知識を兼ね備えた方が多いですから、簡単に採用されると思わない方が良いです。また希望の国に移住した看護師として働く場合、世界的に看護師が不足している状況ですから、多くの求人情報を見つけることができるでしょうし、特に欧米諸国ではアジアからの看護師の受け入れに積極的ですから、応募する機会は多くみられるので求人倍率はさほど高くないと思われるかもしれませんが、外国人として現地で働くことはかなりのストレスを感じるようになりますから、こちらも簡単に思わない方が良いでしょう。

ボランティアとして働く場合は各種ボランティア団体に問い合わせをしてみるこがまず第一です。海外に移住して仕事を探す場合はそれぞれの国の看護師の求人状況を調べることが大切になってきます。日本看護協会でも国際看護師についての情報を教えてもらえますから、まずはそちらに問い合わせしてみると良いでしょう。ちなみにアメリカはアジアからの看護師の受け入れに積極的ですが、医療機関によって看護体制や医療、看護師の地位などにバラつきがありますから、まずは現地の情報を得ることが大切です。イギリスも看護師不足の状況ですから求人数は多いと言われています。

リハビリ病棟や精神科病棟、集中治療室はレベルの高い看護が要求されていますので、こちらにチャレンジしてみると良いかもしれません。韓国でも看護師の需要は高いですが、韓国で働くには看護師としてのスキルの高さはもちろん必要ですが、儒教の国ですから目上の人に対してきちんと対応できる姿勢も必要です。国によって求められる看護師像が違いますから、よく調べてチャレンジしてみてください。

国際看護師の求人を保有!人気の看護師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビエージェント 詳細






Copyright (C) 2013-2018 国際看護師になるには? | 人気サイトランキング All Rights Reserved.