国際看護師になるには? | 人気サイトランキング

国際看護師TOP >> 基礎知識を学ぼう >> 国際看護師協会とは

国際看護師協会とは

国際看護師協会はICNと呼び、「International Council of Nurses」の頭文字をとった呼び方です。国際看護師協会が創立されたのは1899年で、100年以上もの長い歴史があり、国際的な保健医療の組織として、世界で初めて創立されました。国際看護師協会 (ICN) は、世界のあらゆる国々の保健対策はもちろん、世界で活躍する看護師の質の向上に努めています。

これまでの国際看護師協会のおもな活動は、家族の保健の向上、女性の健康、結核やマラリアなどのウィルス性の病気への取り組み、看護師の質の向上を目指すなど、幅広い範囲で専門看護を実践してきました。看護ケアのみならず、社会経済福祉にも積極的に力を入れており、キャリア開発や産業保健医療など、あらゆる分野での活躍が目立っています。

国際看護師協会(ICN)の本部は、スイスのジュネーブにあり、世界各国の看護師協会より構成されています。世界で初めての医療従事者のための最大の協力機関として存在しており、国際看護師など世界各国の看護師の活動をサポートしています。現在の所在地はスイスですが、イギリス、アメリカ、ドイツにより創設されました。国際看護協会は、国際看護師として活躍するナースと深い関わりを持っています。

国際看護師協会(ICN)のおもな活動内容として、ICN学術集会やICN4年毎大会などが開催されています。これらの大会が開催される際には、近年では100か国以上から、数千人もの看護師が参加します。開催されるたびに参加する看護師の人数も増えており、質の高い看護師を目指して医療や看護、介護の分野に貢献したいという気持ちで、積極的に参加しています。

ICN学術集会やICN4年毎大会などに参加するにあたり、国際看護師協会に登録する必要があります。登録すると、日本看護協会会員(ICN会員)となります。会員登録するには、看護基礎教育課程に所属していることが条件となります。今すぐに国際看護師を目指す方も、長い目で見て将来的に国際看護師として活躍したいと希望する人など、日本看護協会の会員になる看護師も増えています。

国際看護師を目指すには、海外で活躍する看護師との交流を持ち、コミュニケーションをしていくことも大切ですね。これまでの医療機関での看護ケアの経験を活かしながら、さらに視野を広げていけることでしょう。看護師が果たすべき役割とは、そしてこれからの看護師に何が必要なのか、原点に戻ること、その中で、ご自身でどのような看護ケアができるのか、自分に問いかけてみるのも良いでしょう。国際看護師協会で学んだことを国際看護師として海外の医療機関で活かせることでしょう。

国際看護師の求人を保有!人気の看護師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビエージェント 詳細






Copyright (C) 2013-2018 国際看護師になるには? | 人気サイトランキング All Rights Reserved.