国際看護師になるには? | 人気サイトランキング

国際看護師TOP >> 基礎知識を学ぼう >> 国際看護師の採用基準

国際看護師の採用基準

看護師は真面目で一生懸命な人が多いです。毎日患者さんのために丁寧な医療サービスを提供し、そして自分を磨くために勉強し続けています。今の仕事に慣れてきた看護師の間で次なるターゲットになりがちなのが認定看護師、専門看護師、そして国際看護師です。認定看護師や専門看護師は看護師としてある特定の分野の看護において、高度な技術を持ち提供できる資質を持っていると認定された看護師のことで、今看護師の間で大変人気のある資格です。そして国際看護師は文字通り海外で看護師として働く人たちのことで、海外でボランティアとして働いたり、アメリカやイギリス、オーストラリアなど自分の希望する国で看護の資格を取得し、永住権をとってその国で働いたりする人たちのことです。双方ともとてもハードな仕事ですが、やりがいを感じる仕事として大変人気があります。

国際看護師になる採用基準は大きくわけて4つあります。一つ目は看護の経験です。青年海外協力隊では臨床経験など実務経験が3年以上必要になってきますので、ある程度日本で経験を積んでおくことが大切です。二つ目は現地の文化や宗教、価値観などを受け入れることができる柔軟さです。前述したように日本での看護経験は必要ですが、海外に行ってみると今まで自分がやってきたことが通じないことが多々あります。また一緒に働くスタッフや患者さんとの意思疎通で文化や宗教の違いから戸惑うことも出てくるでしょう。

そんな時自分の価値観に固執せず、相手の考えを尊重できる柔軟さが必要になってきます。三つめは看護師でも自分で判断したり能動的に動いたりすることができる能力です。発展途上国では医師や看護師が不足していますから、誰かの判断を仰いでいる暇などない場合があります。またアメリカなどの国では医師と看護師は対等な存在で、看護師は医師の指示に従うだけでなく、自ら意見を言うことができなければ仕事をすることができません。看護師として能動的に動ける人ほど国際看護師の現場に必要とされています。最後に必要なのが、語学力です。忙しい医療現場で医師やスタッフ、患者さんとコミュニケーションがとれなければ仕事にならないばかりか、大きなトラブルもおこしかねません。国際看護師になろうと決めたのであれば、できるだけ早く語学力をブラッシュアップしておくようにしてください。アメリカではTOEFLが一般的ですが、イギリスではIELTSが英語力の指標として一般的です。これらの採用基準を意識して早めに取り掛かってください。

国際看護師の求人を保有!人気の看護師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビエージェント 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社マイナビエージェント






Copyright (C) 2013-2017 国際看護師になるには? | 人気サイトランキング All Rights Reserved.