国際看護師になるには? | 人気サイトランキング

国際看護師の求人はどこで探せばいいの?

国際化が進む中、日本にこだわらず海外での転職に目を向ける人も多くなってきています。チャンスややりがいなど日本の職場にはない魅力がありますが、国によって働き方が違う難しさがあるのも事実です。そんな時、転職サイトのコンサルタントがあなたに替わって交渉してくれます。海外への職探しには必須のパートナーです。

当サイトの看護師転職サイトのランキングではマイナビ看護師が人気です。業界最大手の信頼や、膨大な求人案件数がほかにはない特徴です。国際看護師の転職もしっかりサポートしています。求人数はもちろん圧倒的に少ないです。その分本気で職探しをする必要があります。転職サイトを活用して国際看護師としての第一歩を踏み出しましょう!

国際看護師の求人を保有!人気の看護師転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビエージェント 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・会員登録は無料!WEBサイト上から1分でOK! 定番の看護師転職サイト「マイナビ看護師」です。
運営企業は新聞や就職情報誌でおなじみのマイナビ! 信頼性抜群で安心感が高いのも特徴の1つ!
・国内から海外の国際看護師まで幅広い転職支援! お客様満足度96.3%という数字は◎です。
・看護師転職に関する希望をキャリアコンサルタントに伝えてあとは待つだけでokなので便利です。
・マイナビの転職のプロがひとりひとりの会員の看護師転職をキメ細かくサポートします。
・国際看護師の転職相談は平日・土曜日にフリーダイヤルでお気軽に!携帯・PHSも対応しています。
全国各地10か所にマイナビのオフィス設置!相談会場で直接対面の転職相談も受付中です!
・マイナビはプライバシーマーク取得済み!万全のセキュリティで個人情報保護しています。



ナース人材バンク 無料 全国 株式会社エス・エム・エス 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ナース人材バンクは紹介実績NO.1 の看護師転職支援サイトで海外案件も若干保有しています!
・年間で10万人以上ものナースが利用!国際看護師への転職支援も充実していて使い勝手◎です。
キャリアコンサルタントは経験豊富なベテラン! 的を得たアドバイスが受けられるのでお勧め。
・転職相談はフリーダイヤルで! 平日・土・日・祝日も対応可能しているので忙しい人もok!
・会員登録後は国際看護師への転職に関する不安や悩みをお気軽に相談OK。要望を伝えましょう!
・会員登録はWEBサイト上から24時間いつでもOK!万全のセキュリティで個人情報保護しています!
・キャリアコンサルタントが国際看護師に関する希望を丁寧にヒアリングしますので気軽に相談!
・「利用しやすい・信頼できる看護師転職支援サイト」と利用者の口コミ評価が高いのも特徴の1つ!



ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・国際看護師に人気の看護師求人サイト!その理由はリクルートグループの抜群の信頼性です!
・日本国内最大規模の看護師転職サイト!専任コンサルタントによる細やかなサポート力があります。
・国際看護師を目指すナースの転職相談に対応!月間で約20万人が利用する圧倒的実績!
会員登録は簡単1分でOK! 専任コンサルタントへのご相談・転職活動が完全無料です。
・国際看護師を目指すナースの不安感を安心感に! 各国の看護師事情に詳しい担当者に相談しましょう!
・専門看護師・認定看護師の資格取得支援サポート体制が充実!初めての海外転職もお任せ!
・国際看護師への転職をより有利に!スキルアップを目指したい方に最適なアドバイスをします。
・医療・看護業界に長年携わっているベテランのコンサルタントが全面転職支援しますのでお任せ!



看護のお仕事 無料 全国 レバレジーズ株式会社 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・会員登録・看護師転職サポート・専任コンサルタントへのご相談など利用料は完全無料です。
・会員登録はWEBサイト上から24時間OK!フリーダイヤルでの登録もスムーズに行えます。
・看護のお仕事は国際看護師を目指すナースに人気の高い看護師転職支援サイトとして評価できます。
・国際看護師を目指す方に最適!人気の秘密は専任コンサルタントの丁寧なヒアリングの質です。
・facebookやツイッター・mixiなど国際看護師への転職の悩み相談OK! コミュニティ充実も◎!
・運営企業のレバレジーズ株式会社はプライバシーマークを取得しており安心感高い!
・国際看護師への転職は人生の大イベント!専任コンサルタントが全面転職支援を受けましょう!
・国内の看護師から国際看護師への転職・スキルアップを目指す方に最適の「看護のお仕事」



国際看護師になるための方法は?本当に可能なのか?

国際看護師は、国際派看護士と呼ばれることもあり、近年は、海外で看護ケアに従事する国際看護師のニーズが高まっています。看護師という仕事は、日本国内において、クリニックや病院、個人医院、診療所などの医療機関において、患者の看護ケアや介護施に従事する仕事であり、赤ちゃんから子ども、大人、高齢者までたくさんの数の患者がいます。日本国内だけではなく、アメリカや中国、韓国、オーストラリアなど海外でも同様に、患者の数は数えきれないほどです。

国際看護師は、海外のさまざまな国々に派遣される日本人の看護師という意味であり、女性の看護師も多数ですが、海外の経済的な事情や政治的状況などによっては、男性看護師が派遣されることもあります。国際看護師として海外の国々で勤務するには、看護師の資格を取得しているだけではなく、日本国内での看護師としての経験が豊富であること、そして派遣される国の言語に精通していることが望ましいでしょう。日本国内の医療機関に勤務する看護師よりも、国際看護師のほうが専門性が高く、難易度が高い看護ケアに従事するものと考えたほうが良いと思います。

それでは、国際看護師として海外で働くにはどんな方法があるのでしょうか。現時点において、国際看護師と呼ばれる資格はなく、海外の医療機関に看護師としての勤務を希望するのであれば、厳密には派遣される国の看護師の資格の取得を目指す必要が出てきます。海外の国々では、日本の医療機関での看護や介護のレベルにさまざまな違いが生じてくることもあります。

また、国によっては、医療体制に違いも出ています。国内では都道府県知事免許の准看護師と国家資格の正看護師の2種類の資格がありますが、海外では世界で共通の看護師免許が存在していません。海外の国々の医療機関において、看護師として働くには、日本国内で看護師の免許を資格を有していることを証明する必要があります。厚生労働省では、日本国内の看護師の資格を証明するためのものとして、英文で書かれた証明書を発行することができます。この証明書によって、日本国内で看護師の資格を有することを証明できます。

国際看護師として海外の国々で働くには、どの国のどのような医療機関において、勤務するのか、仕事を探さなければなりません。看護協会などの公共機関で海外での看護師の仕事を探すのは、なかなか容易なことではありません。国際看護師を目指す方、国際看護師として海外の国々の医療機関に勤務したい方は、マイナビ看護師などの看護師転職求人サイトに登録して、専任コンサルタントに直接、電話やメールなどで相談すると良いでしょう。

国際看護師の転職のポイントは?

国際看護師を目指すナースが増えていると言われていますが、誰でもそう簡単になれるというものではなく、看護師としてのある程度の経験や専門性の高い看護ケアができることなど、質の高い看護師が求められています。日本国内では、どの医療機関においても全体的に看護師不足が懸念されていますが、海外においても例外ではありません。

とくに、発展途上国では、医師や看護師の数だけではなく、医療機関の数が患者数に見合っておらず、その数は決して十分であるとは言えません。海外の国々に比べたら、日本国内での看護師が不足している状況は、それほど深刻なものとは言えないかもしれません。

国際看護師に転職するポイントは、どのような点なのでしょうか。まずは、国際看護師を目指す上で、その目的意識を明確にしておく必要があります。最近、国際看護師に転職するナースが増えているからということではなく、海外の医療機関で看護師として勤務するのは大変なことです。もちろん、国際看護師を目指そうと思っていても、看護師の資格を有する人であれば誰でもできる仕事というわけではありません。

看護師の資格を取得したばかりで、医療の現場で看護の経験がない人が、すぐに海外に出向いて国際看護師になるのは、まず無理でしょう。まずは、日本国内での医療機関において、看護の経験を十分に積み、専門性の高い看護ケアができるように目指すことです。そのために、専門看護師や認定看護師などの資格を取得するのも良い方法です。アメリカやイギリスなど、英語圏の国々で国際看護師として働くには、英会話力もある程度必要になってきますので、英語能力を判断する材料として、外国看護学校卒業正審議会 (GFNS) にて合格することが望ましいとされています。

ただし、英語が堪能だからという理由で、必ずしも国際看護師に転職して成功するとは限りません。どの国でどの場所で国際看護師として働くにしても、医師や患者とのコミュニケーションを密にとり、冷静な判断力と的確な行動力を持つことは重要ポイントになります。身近な知り合いに、国際看護師に転職した先輩や同僚がいれば、体験談などを聞いてみるのも良いでしょう。

未知の国々でさまざまな不安を抱えながら、国際看護師として勤務しているナースもたくさんいることと思いますが、体験談を詳しく聞いておくと、なにかと勉強になります。国際看護師を目指すにあたり、国際看護師の求人が多い看護師転職サイトに登録して、専任コンサルタントに相談すると良いでしょう。

国際看護師の採用基準は?

看護師は真面目で一生懸命な人が多いです。毎日患者さんのために丁寧な医療サービスを提供し、そして自分を磨くために勉強し続けています。今の仕事に慣れてきた看護師の間で次なるターゲットになりがちなのが認定看護師、専門看護師、そして国際看護師です。認定看護師や専門看護師は看護師としてある特定の分野の看護において、高度な技術を持ち提供できる資質を持っていると認定された看護師のことで、今看護師の間で大変人気のある資格です。そして国際看護師は文字通り海外で看護師として働く人たちのことで、海外でボランティアとして働いたり、アメリカやイギリス、オーストラリアなど自分の希望する国で看護の資格を取得し、永住権をとってその国で働いたりする人たちのことです。双方ともとてもハードな仕事ですが、やりがいを感じる仕事として大変人気があります。

国際看護師になる採用基準は大きくわけて4つあります。一つ目は看護の経験です。青年海外協力隊では臨床経験など実務経験が3年以上必要になってきますので、ある程度日本で経験を積んでおくことが大切です。二つ目は現地の文化や宗教、価値観などを受け入れることができる柔軟さです。前述したように日本での看護経験は必要ですが、海外に行ってみると今まで自分がやってきたことが通じないことが多々あります。また一緒に働くスタッフや患者さんとの意思疎通で文化や宗教の違いから戸惑うことも出てくるでしょう。

そんな時自分の価値観に固執せず、相手の考えを尊重できる柔軟さが必要になってきます。三つめは看護師でも自分で判断したり能動的に動いたりすることができる能力です。発展途上国では医師や看護師が不足していますから、誰かの判断を仰いでいる暇などない場合があります。またアメリカなどの国では医師と看護師は対等な存在で、看護師は医師の指示に従うだけでなく、自ら意見を言うことができなければ仕事をすることができません。看護師として能動的に動ける人ほど国際看護師の現場に必要とされています。最後に必要なのが、語学力です。忙しい医療現場で医師やスタッフ、患者さんとコミュニケーションがとれなければ仕事にならないばかりか、大きなトラブルもおこしかねません。国際看護師になろうと決めたのであれば、できるだけ早く語学力をブラッシュアップしておくようにしてください。アメリカではTOEFLが一般的ですが、イギリスではIELTSが英語力の指標として一般的です。これらの採用基準を意識して早めに取り掛かってください。


Copyright (C) 2013-2018 国際看護師になるには? | 人気サイトランキング All Rights Reserved.